レディ

老け顔にならない為にはたるみによるほうれい線に気をつけよう

  1. ホーム
  2. ダウンタイムを知る

ダウンタイムを知る

頬を触る人

ダウンタイムを詳しくみていこう

美容整形をされた方はご存じでしょうが、美容整形にはダウンタイムというものがあります。たるみやほうれい線に関しての手術のダウンタイムについても触れていきます。
ダウンタイムとは施術を行ってから、普通の日常生活を送れるようになるまでの期間のことを言います。例えば美容整形手術の後は皮膚などが腫れた状態になっているので、その腫れが完全に引くまでに少し時間がかかります。その時間のことをダウンタイムと言います。
美容整形で呼ばれているダウンタイムを要する症状には4つの種類があります。痛み・腫れ・内出血・糸です。
まず痛みに関してですが、施術後の痛みにはもちろんダウンタイムが必要です。施術後から数日間はダウンタイムとして設けておくと良いでしょう。特にシリコンなどを使う豊胸手術などは特に大事です。ほうれい線を目立たなくさせるヒアルロン酸注入は痛みがそこまでないので、ダウンタイムは要しません。
次に腫れについてです。顔のまぶたなどの整形手術は腫れを伴いますので、術後にびっくりされる方も多いと思います。この腫れは数日から数週間で引いていき、理想の仕上げりになっていきます。ダウンタイムの期間中はあまり外出せず安静にしておくことが大事です。しかし、たるみ解消のスレッドリフトのダウンタイムはほぼありません。針の傷も数日で消えます。たるみに効果が期待出来るフェイスリフトは抜糸をしなくてはいけないので1週間ほどダウンタイムが必要になりますが、手術の翌日から洗顔などお風呂に入ることは出来ます。このようなたるみやほうれい線などの施術はダウンタイムが必要でない場合もあります。
次は内出血です。お顔の整形手術や脂肪吸引などは内出血を伴うのでダウンタイムを要します。脂肪吸引は施術範囲が広いこともあり、内出血の範囲も広くなる傾向にあります。なので最低でも2週間はダウンタイムを設けましょう。ほうれい線を目立たなくさせるヒアルロン酸注入をしたときも内出血をすることがありますが、メイクなどで隠せる場合がほとんどです。
最後は糸です。手軽に行えるヒアルロン酸注入などのプチ整形以外の美容整形手術は、基本的に抜糸をします。手術を行ってから5日から1週間の間に抜糸をしますが、顔やまぶたなどの場合はダウンタイムがもう少し長くなることがあります。最近では溶ける糸などもあるので、溶けるまでの期間はダウンタイムを設けることになります。その場合3週間から4週間が目安になります。